スマホサイトはこちら

刊行物「朱」

当社では昭和42年より機関誌「朱」を発行いたしております。
内容は「稲荷」に関する論文・随想などとなっております。

刊行物「朱」34号別冊

稲荷社鎮座の暦日について 朱編集部
荷田氏の祠官列加入と神主家秦氏 朱編集部
稲荷社社殿の沿革の問題・その他 朱編集部
祠官家秦・荷田両氏の家格競望 朱編集部
稲荷社本願所愛染寺について 朱編集部
社中と愛染寺の抗争について 朱編集部

刊行物「朱」34号

玉と鍵のシンボリズム(下)
―黄表紙「扨化狐通人」の絵を読むこころみ―
服部 幸雄
稲荷と狐と茶吉尼天 笹間 良彦
狐の化け方をめぐって 小松 和彦
朱の思想 段 熙麟
花山稲荷と但馬国の農民
―公卿花山院家参詣について―
菊地 武
病気平癒祈願と稲荷信仰
―特に疱瘡・瘡などの平癒祈願を中心として―
大森 恵子
「好去好来」 宮司対談 杉浦 翠
坪原 喜三郎
京に住みて 俳句 中山 詩鳥
イナリ信仰管見 大野 芳則
風俗画報の稲荷 宮尾 與男
延享三年稲荷祠官江戸東下日記附解説 羽倉 敬尚
江戸のお稲荷さんにお参りして 藤田 豊

刊行物「朱」33号

玉と鍵のシンボリズム(上)
―黄表紙「扨化狐通人」の絵を読むこころみ―
服部 幸雄
山岳信仰の概念 高橋 渉
狐とお稲荷さん(その二) 渡邉 昭五
土地の占有観念と稲荷信仰 波平 恵美子
鎌倉の稲荷(下) 三橋 健
陽春狐媚笑譚
―素朴な稲荷神にまつわる神話・伝説の学問的考証と江戸風俗川柳を交えながらの風俗夜話―
石上 堅
静日抄 俳句 中山 詩鳥
「好去好来」 宮司対談 白井 永二
坪原 喜三郎
お稲荷様に参詣して 短歌 平井 乙麿
山城国稲荷山の経塚について 佐野 大和
山城稲荷山経塚発掘遺物の研究 岩井 武俊
山城稲荷山経塚及発掘遺物に就きて 高橋 健自
往時、関八州の狐たちで賑わった 王子稲荷神社 いのうえ 田堂
福大神のことども 石上 堅
銀座のお稲荷さんめぐり 西尾 忠久
大都市とその近郊の稲荷祠(續)
―東京の西・川崎の北部―
藤田 豊
漢字「朱」の解釈 田中 重久

当誌は非売品ですがご希望があればお頒ちいたします。
但し残数に限りがありますので「宣揚部」までお問い合わせください。

お問い合わせ先 宣揚部 TEL. 075-642-2151
このページの上へ

お知らせ

  • 刊行物「朱」
  • 今月の祭事一覧
  • トピックス一覧
  • ご祈祷
  • お守り
  • おいなりさん物語
  • 大社マップ
  • 伏見稲荷大社附属 講務本庁
  • 鳥居奉納のご案内