スマホサイトはこちら

刊行物「朱」

当社では昭和42年より機関誌「朱」を発行いたしております。
内容は「稲荷」に関する論文・随想などとなっております。

刊行物「朱」33号

玉と鍵のシンボリズム(上)
―黄表紙「扨化狐通人」の絵を読むこころみ―
服部 幸雄
山岳信仰の概念 高橋 渉
狐とお稲荷さん(その二) 渡邉 昭五
土地の占有観念と稲荷信仰 波平 恵美子
鎌倉の稲荷(下) 三橋 健
陽春狐媚笑譚
―素朴な稲荷神にまつわる神話・伝説の学問的考証と江戸風俗川柳を交えながらの風俗夜話―
石上 堅
静日抄 俳句 中山 詩鳥
「好去好来」 宮司対談 白井 永二
坪原 喜三郎
お稲荷様に参詣して 短歌 平井 乙麿
山城国稲荷山の経塚について 佐野 大和
山城稲荷山経塚発掘遺物の研究 岩井 武俊
山城稲荷山経塚及発掘遺物に就きて 高橋 健自
往時、関八州の狐たちで賑わった 王子稲荷神社 いのうえ 田堂
福大神のことども 石上 堅
銀座のお稲荷さんめぐり 西尾 忠久
大都市とその近郊の稲荷祠(續)
―東京の西・川崎の北部―
藤田 豊
漢字「朱」の解釈 田中 重久

刊行物「朱」32号

産鉄の豪族・秦氏と稲荷神 沢 史生
狐とお稲荷さん(その一) 渡邉 昭五
キツネ憑き仮考 中村 禎里
狐の境界性 飯島 吉晴
眷属列伝の意図 ―叙説「日本の狐物語」― 野村 純一
海と稲荷信仰 菊地 武
江戸の稲荷めぐり 興津 要
雑華抄 俳句 中山 詩鳥
「好去好来」宮司対談 佐々木 周二
坪原 喜三郎
稲荷山夕唱 短歌 福本 夕紀
大山為起関係文書を拝見して
―「神拝伝初重」の感懐―
近藤 啓吾
松山における大山為起 白方 勝
稲荷社旧祠官波多忌寸為起撰「天照坐伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記葦水草」に就きて 菟田 俊彦
神道家大山葦水為起のことども 羽倉 信一郎
大山為起翁小傅 羽倉 信一郎
隠れたる神道家大山為起翁の傅 山本 信哉
雨の稲荷山 ―柳田折口両大人の伏見参篭― 菟田 俊彦
短歌鑑賞 ―前川佐美雄「あかあかと…」―
鎌倉の稲荷(中) 三橋 健
城下町会津若松とその周辺における稲荷信仰 野沢 謙治
稲荷信仰に於ける「玉と鍵」を巡って 稲垣 善彦
狐の嫁入りと狐火 阿基 米得
大都市とその近郊の稲荷祠 藤田 豊
お稲荷さんめぐり
―ささやかな庶民の願いを伝える―
西尾 忠久
女化(おなばけ)稲荷神社 いのうえ 田堂

刊行物「朱」31号

変貌する稲荷山の神 水谷 類
風土記にみられる餅と天女と白鳥と 瀧音 能之
稲荷明神と霊狐信仰 松前 健
民間信仰としての稲荷神 大藤 時彦
神社合祀と南方熊楠 黒岩 龍彦
平安時代の稲荷祭と祇園御霊会 岡田 莊司
苗見竹の風習 福島県の例二、三について 岩崎 敏夫
中世狐相の一因子 石上 堅
石器時代における施朱の風習の出現と終焉の系譜 市毛 勲
稲荷と修験山伏 菊地 武
落語と稲荷 権藤 芳一
献句(山口誓子先生句碑除幕記念) 『天狼』会員
「好去好来」 宮司対談 角田 寛
坪原 喜三郎
稲荷大社附近 短歌 田中 順二
梁塵秘抄の稲荷十首
―平安都市風俗の稲荷詣における男女の合歓性―
渡邉 昭五
稲荷とダ枳尼天 高橋 渉
鎌倉の稲荷(上) 三橋 健
農村における稲荷講の展開 ―尼崎市西昆陽の事例を中心に― 森 隆男
一瓶塚稲荷縁起その他 西垣 晴次
むささびの歌 三宅 清
続々・太郎稲荷繁昌志 宮尾 與男
稲荷信仰点描 鈴鹿 千代乃
稲荷講 平井 直房
神杉と鎮魂のまつり 三輪と稲荷 山上 伊豆母
銀座の稲荷 西尾 忠久
東海道本線「稲荷」駅 木村 博
お稲荷さん・狐・文楽 角田 豊正
韓神の藝態傅承論
―園韓神祭における 神宝舞からのアプローチ―
小林 茂美
房総半島における稲荷信仰の展開 荒木 恵美
隅田稲荷神社物語 いのうえ 田堂

当誌は非売品ですがご希望があればお頒ちいたします。
但し残数に限りがありますので「宣揚部」までお問い合わせください。

お問い合わせ先 宣揚部 TEL. 075-642-2151
このページの上へ

お知らせ

  • 刊行物「朱」
  • 今月の祭事一覧
  • トピックス一覧
  • ご祈祷
  • お守り
  • おいなりさん物語
  • 大社マップ
  • 伏見稲荷大社附属 講務本庁
  • 鳥居奉納のご案内