スマホサイトはこちら

刊行物「朱」

当社では昭和42年より機関誌「朱」を発行いたしております。
内容は「稲荷」に関する論文・随想などとなっております。

刊行物「朱」26号

狐女房と稲荷信仰 長野 一雄
稲荷町のこと 権藤 芳一
鈴の音 短歌 山本 牧彦
狐ホカイの前後左右 石上 堅
初詣 俳句 桂 樟蹊子
狐と暮らしてきた日本人 戸井田 道三
稲荷大社元旦参詣の賦 短歌 平井 乙麿
稲荷山と門前町
―私にとって稲荷信仰とは何か―
神馬 彌三郎
狐のうそとまこと 大岡 信
護法と護法とび 土井 卓治
農村の稲荷信仰 ―埼玉県戸田市の事例― 大島 建彦
折り折りの師 ―好去好来― 守屋 光春
心が澄む…如月随想 中村 直勝
朱色起源考 ―お稲荷様の鳥居はなぜあかい― 藤田 豊
荷田氏所伝の稲荷社縁起 西田 長男
伏見稲荷大社本願所の成立と消長 菊地 武
稲荷の神について 肥後 和男
飛脚狐の宮・与次郎稲荷 いのうえ 田堂
稲荷の神 随想 林 真作
長禄四年銘の鰐口を発見する 木村 博
大阪商人と伏見稲荷 米谷 修

刊行物「朱」25号

稲荷の神の性格
―「二十二社註式」と同書所載「山城国風土記」をめぐって―
三谷 栄一
端唄「紀伊の國」をめぐって 宇井 無愁
法華経守護の三十番神
―おいなり様もその仲間―
景山 春樹
「とおかんや」と「しみづかり」 永島 福太郎
神楽歌の世界 ―穴師と韓神と― 高橋 文二
長谷川宗清の矢の根図絵馬 土井 次義
稲荷祭礼役をめぐって 馬田 綾子
稲荷神社の敷地役について 宇津 純
伏見稲荷と大坂の蔵屋敷 米谷 修
明治の辰 ―好去好来― 守屋 光春
稲荷信仰と屋敷神 ―関東地方の例― 佐藤 紀子
荷田家三代の門人
―鵜川直積 直賢 直方 友直 直有―
西田 長男
三囲稲荷と三井家
―江戸の稲荷の商業神化について―
若杉 温
稲荷と狐 小池 長之

刊行物「朱」24号

伏見稲荷大社年表の重複記事について
―史料批判の一問題―
上島 有
「孔歳」渕源論 石上 堅
稲荷信仰と集落祭祀 萩原 龍夫
家の神としての稲荷 大藤 時彦
伏見稲荷大社の祭神と狐神 友田 吉之助
みまえ抄 俳句 中山 詩鳥
稲荷と狐 笠井 昌昭
スサノヲノミコトと秦氏との関係について 吉野 裕
稲荷山 俳句 田畑 比古撰
鵤幸右衛門と伏見人形 奥村 寛純
古代人の「丹の色」に関する情緒 池田 源太
書状にみる稲荷信仰 島田 成矩
初午をめぐって 井ノ口 章次
「好去好来」 宮司対談 竹西 英夫
守屋 光春
花と祈り 川本 陽瞳
稲荷賛歌(抄) ―和歌よりみたる稲荷神― 竹村 俊則
豊前五ミヤケについての一考察 ―膳・秦両氏の検討を中心として― 加藤 謙吉
稲荷信仰と狐についての民俗 吉川 正倫
荷田春満旧宅と御茶屋 日向 進
大山為起の学問
―その校訂本「先代旧事本紀」を通じて―
西田 長男
穀霊信仰と白鳥神話 山上 伊豆母
ふしぎな体験 丹羽 基二

当誌は非売品ですがご希望があればお頒ちいたします。
但し残数に限りがありますので「宣揚部」までお問い合わせください。

お問い合わせ先 宣揚部 TEL. 075-642-2151
このページの上へ

お知らせ

  • 刊行物「朱」
  • 今月の祭事一覧
  • トピックス一覧
  • ご祈祷
  • お守り
  • おいなりさん物語
  • 大社マップ
  • 伏見稲荷大社附属 講務本庁
  • 鳥居奉納のご案内