スマホサイトはこちら

刊行物「朱」

当社では昭和42年より機関誌「朱」を発行いたしております。
内容は「稲荷」に関する論文・随想などとなっております。

刊行物「朱」51号

荷田春満と吉田流神道との関わり 三輪 正胤
伏見稲荷大社と中世和歌 井上 宗雄
市と稲荷の母神と
-神大市比売にかかわって-
遠藤 慶太
古墳からみた伏見稲荷大社の
奉斎氏族
白石 太一郎
「お稲荷さん」よりも昔の稲作 上原 真人
田園耕作の作歌の成立 廣岡 義隆
鎌倉時代、稲荷祭礼に関する
二、三の史料
川嶋 將生
「狐」の川 森 瑞枝
弘法大師の護国思想と伏見稲荷大社 中村 幸真
豊川稲荷と街道 林 淳
稲荷社の「秘処霊神」と弘法大師
-中世における文殊堂とダキニ法-
松本 郁代
法華勧請の稲荷と祈祷
~江戸の稲荷を中心に~
望月 真澄
野狐加持秘法・小孝 斎藤 英喜
承応度・寛文度内裏造営と非蔵人
-稲荷社目代・非蔵人羽倉延重の
活動を中心に-
岸 泰子
上方役者絵に見る稲荷と狐 北川 博子
赤心-あかきこころ- 松田 信彦
院政と伏見 美川 圭
近代における稲荷信仰の地域浸透 高田 照世
祐徳稲荷神社 祐徳博物館の所蔵瓦からみた肥前の古代史 片岡 宏二

刊行物「朱」50号

『山城国風土記』と稲荷社 荊木 美行
稲荷大社の縁起と神仏習合 寺川 眞知夫
東海道本線稲荷駅 木津 勝
小倉の狐物語
―『小笠原流礼忠孝』の周辺―
安冨 順
菅楯彦、奥谷秋石、阪正臣、山本行範による合作「きつねのよめいりの巻」 中谷 伸生
稲荷使藤原隆宗 槙野 廣造
ヨーロッパの霊狐 高尾 謙史
稲城について 松尾 光
蘆庵門の稲荷祠官の和歌短冊 大取 一馬
歴史時代の災害と稲荷祭 片平 博文
相槌の稲荷開帳と狐芸の流行
―明和元年の青蓮院・光則寺の出開帳をめぐって―
末松 憲子
近世前期における稲荷社家と吉田家
―神道伝授と元禄七年社殿修造一件―
幡鎌 一弘
狐魅譚変容―近代文学における〈狐〉― 千葉 俊二
稲・銭と富の観念 三上 喜孝
熊谷稲荷の唱導と文芸 堤 邦彦
朱砂と水銀 市毛 勲
大永八年の稲荷・東福寺喧嘩について
―『稙通公記』を中心に―
河内 将芳

刊行物「朱」49号

社毀(やしろこぼ)れて神さびし時の実在性
ー梁塵秘抄の稲荷信仰(その一)-
渡邊 昭五
商業神としての稲荷信仰の成立と展開
ー向島小梅村三囲稲荷を事例としてー
若杉 温
文学にみる狐にかかわる色 伊原 昭
阿波足利氏の守札 長谷川 賢二
日本人の忘れものとお稲荷さんの「葱」 久保 功
「本槐門・新槐門図序文」について
ー九条殿・宇賀塚・深草祭をめぐる説話と歴史ー
藤原 重雄
稲荷御読経僧尋光 槙野 廣造
めりやす「信田妻」の復曲 配川 美加
朱とベンガラー顕微鏡で見る考古資料ー 本田 光子
高岡城と稲荷大明神
ー聚楽第型城郭に祀られる意義ー
高尾 哲史
芝居と稲荷大明神 大橋 正叔
中世イギリスの狐 池上 惠子
秦氏由来の遺跡踏査記(八) 段 煕麟
稲荷と桃太郎ー初午・お伽・桃太郎祭ー 齊藤 純
伏見稲荷大社と鳥居 宮本 三郎
『万葉集』における「朱」
-詩歌表現の和製ー
井上 さやか
近世大坂の稲荷社祠 井上 智勝

当誌は非売品ですがご希望があればお頒ちいたします。
但し残数に限りがありますので「宣揚部」までお問い合わせください。

お問い合わせ先 宣揚部 TEL. 075-642-2151
このページの上へ

お知らせ

  • 刊行物「朱」
  • 今月の祭事一覧
  • トピックス一覧
  • ご祈祷
  • お守り
  • おいなりさん物語
  • 大社マップ
  • 伏見稲荷大社附属 講務本庁
  • 鳥居奉納のご案内