スマホサイトはこちら

刊行物「朱」

当社では昭和42年より機関誌「朱」を発行いたしております。
内容は「稲荷」に関する論文・随想などとなっております。

刊行物「朱」43号

稲荷大社の本殿について 永井 規男
稲荷社を造営した二人の東国武士 野口 実
旅所の成立と平安京の都市民
ー稲荷祭の基盤としての「七条人」をめぐって―
五島 邦治
平安京の<門前>と飛礫(下) 西山 良平
元政上人と稲荷社 宗政 五十緒
狐と江戸文人 堤 邦彦
秦氏由来の遺跡踏査記(四) 段 熙麟
柳田國男の稲荷信仰論 若杉 温
法華守護三十番神と稲荷大明神(下) 三橋 健
好去好来 宮司対談 茂山 千作
坪原 喜三郎
庶民信仰としての稲荷ーしるしの杉と御霊会ー 古橋 信孝
朱草・朱弦・朱姓 朱 捷
稲荷山の活断層と地震 尾池 和夫
ゲニウス・ロキ=不思議の場所をめぐる旅・随想 深沢 三千男
江戸時代京都の若者仲間について
ー稲荷神社氏子町村を事例にー
多仁 照廣
日銀金沢支店のタブノキ稲荷 小倉 學
伝後陽成天皇『「越殿楽」唱歌譜』考 仲村 由樹
日本古代の九尾の狐 菅谷 文則
稲荷社境内の末社と諸堂・その他について 生浪島 恒彦

刊行物「朱」42号

大名庭園のなかの稲荷 白幡 洋三郎
稲荷の効野 廣川 勝美
京の郊外としての稲荷社 古橋 信孝
「野干ヲ神ノ躰トシタル社」小考
ー「續古事談」の説話ー
谷垣 伊太雄
玉藻稲荷を祀った人々ー殺生石と源翁和尚ー 堤 邦彦
枕草子の稲荷詣で 三田村 雅子
稲荷に思ひおこしてまゐりたるに 西木 忠一
平安京の<門前>と飛礫(上) 西山 良平
平安時代の屏風歌に見る稲荷 西 いおり
好去好来 宮司対談 上田 正昭
坪原 喜三郎
稲荷・豊饒の神
ー風土のコミニュケーション―
神尾 登喜子
秦氏由来の遺跡踏査(三) 段 熙麟
イナバ・イズモ・イナリ 西川 滋
稲荷とタヌキ 中村 禎里
広島県明王院の稲荷大明神御正体
ー木造五大虚空蔵菩薩懸仏―
山下 立
稲荷祭・祭礼用「天狗榊」調度幕・概要調査 藤岡 年紀
三家・両家・愛染寺の確執と奥宮の称号をめぐって 生浪島 恒彦

刊行物「朱」41号

骨皮道賢のこと 川島 将生
木幡山越え ―稲荷周辺文学地理― 加納 重文
『蜻蛉日記』に見える稲荷山・稲荷の神 増田 繁夫
「時雨する稲荷の山の」覚書 西木 忠一
年号の「朱鳥」について 近江 昌司
キツネ信仰の成立と稲荷 中村 禎里
憑霊信仰と吉田神道の祈祷 橋本 政宣
法華守護三十番神と稲荷大明神(中) 三橋 健
献句 稲荷吟行句会 京都玉藻会
「好去好来」宮司対談 内田 昌一
坪原 喜三郎
「東寺執行日記」にみる中世の稲荷祭礼について 橋本 初子
稲荷山の自然 村田 源
古墳時代の東山丘陵とその周辺 木下 保明
古川柳と稲荷 石川 一郎
「手長稲荷大明神」と「狐供養碑」 木村 博
行徳・浦安の稲荷信仰 藤田 豊

当誌は非売品ですがご希望があればお頒ちいたします。
但し残数に限りがありますので「宣揚部」までお問い合わせください。

お問い合わせ先 宣揚部 TEL. 075-642-2151
このページの上へ

お知らせ

  • 刊行物「朱」
  • 今月の祭事一覧
  • トピックス一覧
  • ご祈祷
  • お守り
  • おいなりさん物語
  • 大社マップ
  • 伏見稲荷大社附属 講務本庁
  • 鳥居奉納のご案内