啼鳥菴

八島ヶ池のほとりの「啼鳥菴」(ていちょうあん)は平成29年12月に新設された休憩所で、テラス席も併設されています。

名称の「啼鳥菴」は唐代の詩人、孟浩然の漢詩に由来するもの。「鳥が鳴く」という意味で、「池のほとりに鳥が集まり、神と人と自然が共生する場所になるように」との思いが込められています。

啼鳥菴

啼鳥菴