スマホサイトはこちら

刊行物「朱」

当社では昭和42年より機関誌「朱」を発行いたしております。
内容は「稲荷」に関する論文・随想などとなっております。

刊行物「朱」35号

平安時代の稲荷祭と七条大路 関口 力
秦氏と京都 井上 満郎
あかあかと 短歌 福本 夕紀
稲荷と「白」と鳥 伊原 昭
稲荷山の赤土 芳井 敬郎
寒施行 俳句 丸山 佳子
「好去好来」 宮司対談 稲田 栄三
坪原 喜三郎
伏見稲荷大社所蔵の御産衣と女房装束類 栗原 澄子
験の杉と熊野詣 池田 淳
稲荷社における神仏分離の経過について
―月番雑記を中心に―
朱編集部

刊行物「朱」34号別冊

稲荷社鎮座の暦日について 朱編集部
荷田氏の祠官列加入と神主家秦氏 朱編集部
稲荷社社殿の沿革の問題・その他 朱編集部
祠官家秦・荷田両氏の家格競望 朱編集部
稲荷社本願所愛染寺について 朱編集部
社中と愛染寺の抗争について 朱編集部

刊行物「朱」34号

玉と鍵のシンボリズム(下)
―黄表紙「扨化狐通人」の絵を読むこころみ―
服部 幸雄
稲荷と狐と茶吉尼天 笹間 良彦
狐の化け方をめぐって 小松 和彦
朱の思想 段 熙麟
花山稲荷と但馬国の農民
―公卿花山院家参詣について―
菊地 武
病気平癒祈願と稲荷信仰
―特に疱瘡・瘡などの平癒祈願を中心として―
大森 恵子
「好去好来」 宮司対談 杉浦 翠
坪原 喜三郎
京に住みて 俳句 中山 詩鳥
イナリ信仰管見 大野 芳則
風俗画報の稲荷 宮尾 與男
延享三年稲荷祠官江戸東下日記附解説 羽倉 敬尚
江戸のお稲荷さんにお参りして 藤田 豊

当誌は非売品ですがご希望があればお頒ちいたします。
但し残数に限りがありますので「宣揚部」までお問い合わせください。

お問い合わせ先 宣揚部 TEL. 075-642-2151
このページの上へ

お知らせ

  • 刊行物「朱」
  • 今月の祭事一覧
  • トピックス一覧
  • ご祈祷
  • お守り
  • おいなりさん物語
  • 大社マップ
  • 伏見稲荷大社附属 講務本庁
  • 鳥居奉納のご案内