スマホサイトはこちら

刊行物「朱」

当社では昭和42年より機関誌「朱」を発行いたしております。
内容は「稲荷」に関する論文・随想などとなっております。

刊行物「朱」36号

大山為起著「倭姫命世記榊葉抄」について 近藤 啓吾
本居宣長手沢本旧事紀または大山為起校訂本旧事紀について 千葉 真也
稲荷詣で ―「蜻蛉日記」における― 西木 忠一
「源氏物語」の原風景
―鬼と狐と稲荷のことなど―
高橋 文二
阿小町 小野小町とダキニ ―稲荷信仰の一側面― 大和 岩雄
伊勢宇治・山田の稲荷社 西川 順土
「好去好来」宮司対談 山口 伊太郎
坪原 喜三郎
明治末期の神社整理と稲荷社
―伊勢市の事例に即して―
桜井 治男
京都に定住した秦氏由縁の特殊な名称の読み方 段 熙麟
固有名詞をもったキツネたち 中村 禎里
稲荷初午試考 黒田 稔
伏見稲荷大社の由緒記をめぐって 小島 鉦作
稲荷山のお塚についての覚え 朱編集部

刊行物「朱」35号別冊

社中と愛染寺の抗争について(承前) 朱編集部

刊行物「朱」35号

平安時代の稲荷祭と七条大路 関口 力
秦氏と京都 井上 満郎
あかあかと 短歌 福本 夕紀
稲荷と「白」と鳥 伊原 昭
稲荷山の赤土 芳井 敬郎
寒施行 俳句 丸山 佳子
「好去好来」 宮司対談 稲田 栄三
坪原 喜三郎
伏見稲荷大社所蔵の御産衣と女房装束類 栗原 澄子
験の杉と熊野詣 池田 淳
稲荷社における神仏分離の経過について
―月番雑記を中心に―
朱編集部

当誌は非売品ですがご希望があればお頒ちいたします。
但し残数に限りがありますので「宣揚部」までお問い合わせください。

お問い合わせ先 宣揚部 TEL. 075-642-2151
このページの上へ

お知らせ

  • 刊行物「朱」
  • 今月の祭事一覧
  • トピックス一覧
  • ご祈祷
  • お守り
  • おいなりさん物語
  • 大社マップ
  • 伏見稲荷大社附属 講務本庁
  • 鳥居奉納のご案内