スマホサイトはこちら

刊行物「朱」

当社では昭和42年より機関誌「朱」を発行いたしております。
内容は「稲荷」に関する論文・随想などとなっております。

刊行物「朱」28号

稲荷明神講式と荷田講式 小島 鉦作
稲荷信仰の背景とその性格 渡邉 昭五
稲荷明神の利生譚 ―進命婦を中心として― 近藤 喜博
「大祓の詞」考 ―日本語の系統問題から― 芝 烝
稲荷信仰の習合構造 高橋 渉
稲荷大社十景 短歌 井ノ本 勇象
「好去好来」宮司対談 皆川 月華
坪原 喜三郎
狐信仰の民俗発想因子論 石上 堅
霜月祭と屋敷稲荷 佐々木 勝
稲荷信仰と道祖神信仰との接点 伊豆相模における習合例 木村 博
伏見北から南へ ―芝居散策― 角田 豊正
舞台にあらわれる狐たち 権藤 芳一
お狐さんと長唄 鈴木 浩平
銀座の稲荷 島田 裕巳
石井 研士
お田植祭・萬燈会 俳句 小森 洛中子
太郎稲荷繁昌志 宮尾 與男
稲荷信仰の浸透 宮田 登
稲荷信仰 宮本 袈裟雄
中世における稲荷神社とその祭礼課役 ―馬上役を中心として― 宇津 純
強い丹波篠山藩の力士たちの正体は?
王地山負け嫌い稲荷の由来伝説
いのうえ 田堂

刊行物「朱」27号

倉稲魂神と納戸神 石塚 尊俊
命婦と狐 加納 重文
稲に対する信仰の原点へ 池田 源太
発心集所収の桓舜稲荷参篭の話の周辺 高尾 稔
お稲荷さんと芝居 角田 豊正
稲荷信仰と伏見人形 奥村 寛純
でっちでんぼ連想記 ―わらべ唄― 川田 ひさを
朱色起源考 補遺 ―五行説と朱色― 藤田 豊
「稲荷神」の習合問題 高橋 渉
春山見神 短歌 山本 牧彦
「好去好来」 宮司対談 井上 太一
坪原 喜三郎
補訂「山城国風土記逸文について」 高藤 昇
幕末大和の稲荷踊り 吉田 栄治郎
「稲荷」でない「稲荷」の話
―「御船歌」を例に―
木村 博
稲荷信仰私見
―陰陽五行思想による 稲荷の再吟味―
吉野 裕子
小田原城と狐と蛙石 ―北条稲荷縁起秘話― いのうえ 田堂
稲荷史六つの謎 山上 伊豆母
稲荷社の起源 西田 長男
戦後における伏見稲荷大社研究の成果と課題 三橋 健

刊行物「朱」26号

狐女房と稲荷信仰 長野 一雄
稲荷町のこと 権藤 芳一
鈴の音 短歌 山本 牧彦
狐ホカイの前後左右 石上 堅
初詣 俳句 桂 樟蹊子
狐と暮らしてきた日本人 戸井田 道三
稲荷大社元旦参詣の賦 短歌 平井 乙麿
稲荷山と門前町
―私にとって稲荷信仰とは何か―
神馬 彌三郎
狐のうそとまこと 大岡 信
護法と護法とび 土井 卓治
農村の稲荷信仰 ―埼玉県戸田市の事例― 大島 建彦
折り折りの師 ―好去好来― 守屋 光春
心が澄む…如月随想 中村 直勝
朱色起源考 ―お稲荷様の鳥居はなぜあかい― 藤田 豊
荷田氏所伝の稲荷社縁起 西田 長男
伏見稲荷大社本願所の成立と消長 菊地 武
稲荷の神について 肥後 和男
飛脚狐の宮・与次郎稲荷 いのうえ 田堂
稲荷の神 随想 林 真作
長禄四年銘の鰐口を発見する 木村 博
大阪商人と伏見稲荷 米谷 修

当誌は非売品ですがご希望があればお頒ちいたします。
但し残数に限りがありますので「宣揚部」までお問い合わせください。

お問い合わせ先 宣揚部 TEL. 075-642-2151
このページの上へ

お知らせ

  • 刊行物「朱」
  • 今月の祭事一覧
  • トピックス一覧
  • ご祈祷
  • お守り
  • おいなりさん物語
  • 大社マップ
  • 伏見稲荷大社附属 講務本庁
  • 鳥居奉納のご案内