スマホサイトはこちら

刊行物「朱」

当社では昭和42年より機関誌「朱」を発行いたしております。
内容は「稲荷」に関する論文・随想などとなっております。

刊行物「朱」61号

骨皮道賢の女装ー日本中世における女性観の転換 早島 大祐
中世の伏見稲荷をめぐる信仰と芸能 石黒 吉次郎
元亀四年の稲荷祭  -「御鬮」をとる-

河内 将芳

妖しい火  -狐火と蛍火- 山﨑 みどり
「樹伐の罪」と「稲荷神の祟」について 小林 宣彦
秦造河勝と常世の神の歌謡

藤原 享和

新史料 刀工宮本包則の稲荷山打ち脇差について 塚田 志穂
大山為起と荷田春満 -『古事記』注釈の比較・続考

齋藤 公太

赤と人間  坂田 勝亮
岡本かの子と〈狐〉 -岡本かの子「狐」小考-

野田 直恵

淳和天皇朝の稲荷神社 久禮 旦雄
「稲荷」題の歌の表現について 近藤 美奈子
細見美術館「竹生島弁財天像」 小解 -応永の施入銘をもつ騎狐の女神画像をめぐって- 杉﨑 貴英
初期六字経法の形とその変容-「三類形」(天狐・地狐・人形)の作法から考える- 小田 悦代
歌舞伎『芦屋道満大内鑑』における「狐」の表象 雨宮 久美
漁業信仰と稲荷信仰 -三重県南部の事例から- 髙木 大祐

 伏見稲荷大社と応仁の乱

 編集部

 

刊行物「朱」60号

有栖川宮の雅印を刻した篆刻家・羽倉可亭 ―「春夜宴桃李園序」原添聯幅と書入本『熾仁親王印譜』から浮かび上がる新事実を中心に― 内田 誠一
白川資雅と「狐」 田村 航
中国語訳『源氏物語』小考 ―狐描写の訳出状況を探る―

笹生 美貴子

近江栗太郡手原稲荷神社の成立過程

高田 照世

出雲への神集い伝承と稲荷神  品川 知彦
『秀真政伝紀』にみる稲荷の狐について

吉田 唯

平安朝における歌枕としての稲荷(山) 小田 剛
橘と秦氏と能 狐と伏見稲荷大社とのつながりなど

吉武 利文

『伊勢物語』を統一体と見て一二三段を中心につなぎ読む ―成立論的読みでなく相補論的読みを適用することの妥当性― 田口 尚幸
御膳谷奉拝所・御饌石と井上頼寿 ―「御旅所考」にふれながら―

大東 敬明

女の目、男の目 ―稲荷の女をめぐる赤染衛門と大江匡衡

荒木 浩

『玉水物語』構想論 真下 美弥子
鶉となりて ―深草考―

内田 美由紀

宝登山(埼玉県秩父郡長瀞町)の宝玉稲荷神社について 西村 敏也

 

 

 

当誌は非売品ですがご希望があればお頒ちいたします。
但し残数に限りがありますので「宣揚部」までお問い合わせください。

お問い合わせ先 宣揚部 TEL. 075-642-2151
このページの上へ

お知らせ

  • 刊行物「朱」
  • 今月の祭事一覧
  • トピックス一覧
  • ご祈祷
  • お守り
  • おいなりさん物語
  • 大社マップ
  • 伏見稲荷大社附属 講務本庁
  • 鳥居奉納のご案内